2点の時間差を求める

Span クラスは、2点の時間差を表します。数千年に渡る日数差でも閏年を勘案した差分計算結果を返します。

import ajd4jp.*;

public class Test {
  public static void main( String[] argv ) throws AJDException {
    // 2010/12/30 08:10:40 を設定
    AJD a = new AJD(2010, 12, 30, 8, 10, 40);
    // 2011/01/01 06:30:20 を設定
    AJD b = new AJD(2011, 1, 1, 6, 30, 20);
    // a と b の差を求める。
    Span  span = new Span(a, b);
    String  all = String.format("トータル%s日", span.getDays());
    String  part = String.format("%d日間%d時間%d分%d秒",
      span.getDayPart(), span.getHourPart(), span.getMinutePart(), span.getSecondPart());
    System.out.println(all);
    System.out.println(part);
  }
}
出力例
トータル1.930324074074074074074074074074日
1日間22時間19分40秒